Q. 一度レッスンを受けるだけで、世界中で潜れるのでしょうか?

ライター:  | 

A.

世界の海で潜るのが楽しみですね。スヌーバの仕組みや潜り方は同じですが、生物が違ったり、地形が違いますので、それぞれに知っておくと楽しめることをレッスン中にガイドから教わると思います。

その他、スヌーバにつきまして質問がある方は、いつでもお気軽に日本語でご質問ください。

Q. 事前に知っておくことや練習しておくといいことは?

ライター:  | 

A.

レッスンのページを読みながら、実際に耳抜きやマスククリアなどをご自宅で、できる範囲内で行ってみてください。イメージトレーニングをするだけでも本番が楽になります。

レッスンページに書かれていないことで、知っておくと驚かないことは、水中で呼吸する道具(レギュレター)を加えて呼吸をすると吸うときにシューッという空気が送られてくる音がして、息を吐くときにはボコボコボコと音がします。また、呼吸する空気は乾いていますので、口の中と喉がカラカラになるかもしれませんが慣れますのでご安心ください。

水に入った瞬間にドキドキッとすると思いますが、これは哺乳類の生理的反射作用ですので、水に入る前にシャワーなどで水を掛け、今から水に入ることを身体に教えるとドキドキを予防することができます。もし、入る前にシャワーを浴びられないときには、海水を手かマスクにとって、頭から掛けてください。スッキリして気持ちが良いです。

水に入った瞬間に水温が冷たく感じるかもしれませんがウェットスーツを着ているとだんだん冷たさを感じなくなってきますので慣れましょう。

Q. 何m潜りますか?

ライター:  | 

A.

最高6mまで潜れますが、必ずしも6mまで潜る必要はありません。空気ホースにつかまると自分の好きな水深で留まることができますので、水面から6mの間、自分が好きな深度を自由に楽しむことができます。

Q. 何分くらい潜りますか?

ライター:  | 

A.

実質、約20分くらいです。もし、途中で疲れた場合はゆっくりと水面に上がってラフトにつかまって休憩することも可能です。ただし、水面は浮力が減るために長くいると疲れてしまいます。水中にいる方が楽です。

Q. サンゴ礁に足が付いてしまいそうなのですが?

ライター:  | 

A.

スヌーバガイドが適正な水深を選び、みなさんが水中で立った姿勢になってもサンゴ礁に足が届かないところへご案内しますので、ご安心ください。もし、どうしてもサンゴに足が付いてしまいそうなときには、ホースを伝って足ヒレがサンゴ礁に付かないところにまで上がりましょう。

Q. 体験ダイビングとの違いは?

ライター:  | 

A.

スヌーバと体験ダイビングの大きな違いは下記の通りです。

  • 8歳の誕生日が過ぎていて、健康な方なら参加可能。
  • レッスン内容が8歳程度の日本語なのでわかりやすく簡単。
  • 8歳程度の体力で十分に楽しめる。
  • 重たいタンクを背負わないので自由な浮遊力を楽しめる。
  • ホースにつかまっていつでも水面に上がって休むことも可能。
  • 自分が心地よいと感じる水深でダイビングを楽しめます。
  • ホースにつかまって降りるので耳抜きも簡単。

Q. 泳げなくても大丈夫ですか?

ライター:  | 

A.

泳げない方のほとんどは、息継ぎが上手くできないので泳げないと思いこんでしまっている方がほとんどですが。。スヌーバは海中で十分に呼吸ができますので泳げない方でも安心して楽しめます。水中を移動するときにはバタ足をするだけで進みます。ぜひ、スヌーバにトライしてみてください!