水中での姿勢、泳ぎ方

ライター:  | 

スーパーマンが飛ぶ姿勢になって泳ぐ

普段、みなさんは陸上で寝たり、休むとき以外は、頭をいつも上にした状態で生活していますので、はじめて潜る方のほとんどは、水中でも頭を上にした姿勢になろうとしますが、基本的な水中での姿勢は、スーパーマンのようになってお腹を下にして寝そべった姿勢がベストです。

さらに手を伸ばして、腰を反り、膝を伸ばして太ももから大きくバタ足しをして前進します。

ホースにつかまって潜っていくときに、無意識にバタ足をする人が多いですが、意識して足を止め、頭を上にした姿勢ではバタ足をしないようにしましょう。

頭を上にした姿勢でバタ足をすると前進せずに水面に向かって浮上してしまいます。また、水面から潜っていくときにバタ足をすると息が上がってしまい、苦しく感じたり、耳抜きがうまくできなくなったりすることもありますので、頭を上にした状態ではバタ足をしないようにしましょう。